忍者ブログ
「世界の中心で、愛をさけぶ」をはじめ、 私の好きなものや日々のつぶやき・・・。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
*ururu*
性別:
女性
自己紹介:
はじめまして♪
セカチュー大好き主婦の雑多的、
気まぐれなブログです。(*^^*ゞ

ブログを始めて一年半が過ぎました。
のんびりマイペースに更新しています。

セカチューを好きな方もそうでない方も、よろしくです。(〃▽〃)

☆コメントは過去記事からでも大歓迎です♪


~~気になる俳優さんは~~
桃井かおりサン 田中美佐子サン
桜井幸子サン 常盤貴子サン
深津絵里サン 
豊川悦司サン 竹野内豊サン
金城武サン 藤木直人サン
玉木宏サン 妻夫木聡サン

もちろんその他は
セカチューの俳優さんたちです♪
最新記事
最新コメント
[07/02 *ururu*]
[07/02 *ururu*]
[06/25 奈央]
[06/25 僕の感性]
[03/22 *ururu*]
[03/21 ヤス]
[03/15 *ururu*]
[03/14 ヤス]
忍者ツール
携帯
おさんぽネコ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ここ最近、
ずっとレンタルしてきたドラマ「1リットルの涙」を見ていた。

21a03b9c.jpg









「1リットルの涙」
最後に再放送をした時、原作を読んでみたくなり買って来た。
「1リットルの涙」と併せてその亜也さんのお母さんが書いた「命のハードル」と。


それを読んでからというもの、
私の中で「1リットル」はエリカちゃん演じる池内亜也ではなく
実在した木藤亜也さんに変わった。


ドラマは亜也が生きていたらきっと恋もしていただろうと言う
お母さんの気持ちを受けての麻生くんの存在と
本当は担当のお医者さんが女性なのを男性(藤木直人さん)にと脚色されている。
兄弟も4人ではなく本当は5人兄弟。



なんて残酷な病気なんだと思う。

徐々に不自由になっていく身体。

なのに頭の中は正常で前と何にも変わらない。

差別や偏見。

そして何よりそれを本人が解っていること。

残酷としか言いようがない。


もし、私だったら・・・。
そうなる前に自分で死んじゃうかもしれない・・・。

などとこんなオバサンだって思うのに
やっぱり亜也さんはすごい。

私だってもちろん自分で命を絶つことは
絶対許されないことと思っている。

最期まで生きること。


だけどこの病気のどこに希望を持てるのだろう?

亜也さんは問う。
「何のために生きてるの?」

これは障害があってもなくても
きっと誰もが一度は突き当たる問題だったりするけれど。

亜也さんの言葉はあまりにも重い。


そして、亜也さんはそんな病気と闘いながらも尚、
人の役に立ちたいと考える。


健気だ。


今の自分を認めて生きること。

どんな状態になっても今の自分を最大に生かすこと。
今、出来ることをやること。
出来る事を考えること。

一生懸命生きるということ。



何気ない毎日の中で。
自分に喝を入れるための「1リットルの涙」。

そして息子たちへ。
チラ見することを狙って見ていた。
何かを感じ取ってほしいと願いながら。



一体どれくらいの人達が亜也さんに励まされてきたのだろう。


本当に・・・。

よくがんばったよね。



木藤亜也さん 1962年7月19日 誕生
          1988年5月23日 永眠

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんばんわ。
おおぉぉ!直ってますね。
ブラウザーを切り替えて見たり、再起動させてみたりしたんですが、見られなくて(汗)
もしかして、メンテ中なのかなと思ってました。

1リットルの涙って確か、実話なんですよね。
この映画、ドラマを見ると、健康な私たちはホント、幸せだと感じます。
そして一生懸命生き無ければならいなんだと言う事を教えられました。
本当によくがんばったと私も思います。
ヒロシオ URL 2009/09/08(Tue)23:20:58 編集
ヒロシオさんへ
何だか色々お手数をお掛けしてしまって申し訳ありませんでした。(*^^*ゞ

>この映画、ドラマを見ると、健康な私たちはホント、幸せだと感じます。
映画もご存知ですか?私も観ました。
健康って本当にありがたいことですよね。
(私はちょっと自信無くなって来たけれど・・・。)
本当はいつ死んでも良いように今日を悔いなく生きなきゃいけないのに、つい当たり前のように明日があると思って過ごしてしまいます。
たまに気合い入れなきゃ!・・・です。(*^^*)
*ururu* URL 2009/09/09(Wed)17:29:35 編集
Copyright © 2008 かたちないもの・・・ All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS