忍者ブログ
「世界の中心で、愛をさけぶ」をはじめ、 私の好きなものや日々のつぶやき・・・。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
*ururu*
性別:
女性
自己紹介:
はじめまして♪
セカチュー大好き主婦の雑多的、
気まぐれなブログです。(*^^*ゞ

ブログを始めて一年半が過ぎました。
のんびりマイペースに更新しています。

セカチューを好きな方もそうでない方も、よろしくです。(〃▽〃)

☆コメントは過去記事からでも大歓迎です♪


~~気になる俳優さんは~~
桃井かおりサン 田中美佐子サン
桜井幸子サン 常盤貴子サン
深津絵里サン 
豊川悦司サン 竹野内豊サン
金城武サン 藤木直人サン
玉木宏サン 妻夫木聡サン

もちろんその他は
セカチューの俳優さんたちです♪
最新記事
最新コメント
[07/02 *ururu*]
[07/02 *ururu*]
[06/25 奈央]
[06/25 僕の感性]
[03/22 *ururu*]
[03/21 ヤス]
[03/15 *ururu*]
[03/14 ヤス]
忍者ツール
携帯
おさんぽネコ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


お片付けの本を読むようになってから
私はけして安くても買いだめをしないようになった。

収納場所の少ない我が家では
そんなモノを置くスペースさえ困ってしまうのだ。

収納場所に困って、イライラ乱雑に置いておくなら
多少高くても必要な時に買った方が良いと本にも書いてあった。
全くその通り・・・と共感した。


まだ子供たちが小さかった頃、
食器用洗剤が安い時、大量に購入したことがあった。

新商品が次々に出て来るのを横目に
それを使いきるのに何年かかったことか・・・( ̄  ̄;)

だから買い置きは一つあれば十分。


けれど夫は買い置き、買いだめが大好き。

自分の下着、靴下など。

「安いから買っておく♪」・・・のだ。


あとでたんすを見てみると
真新しい下着や靴下がいっぱい。

「新しいの、おろせば良いのに。」・・・と言うと
「もったいないから。」・・・なのである☆\(-.-メ)バキッ


モノは使われない方がもったいないのである(--メ)(これも本のウケウリ)


そしてティッシュ。
なぜか夫はこれにもこだわりがあって?
安い時に必ず2,3個買ってしまう。
たんすの上はティッシュだらけ・・・


それでもこういうものなら私の領域外?なので我慢できる。
それに何でもかんでも夫が買おうとするものをダメと言って
夫がいじけても困るし (*^^*ゞ



去年の夏は暑かった。
作っても作っても間に合わないほど麦茶作りに追われた。

冬になるとあまり飲まなくなるので
この季節はウーロン茶のペットボトルを買っていたのだが
夫のもったいないの一言で
今年は冬になってもずっと麦茶を作り続けている。

だけどやはり夏ほど減らない。

先日ちょうど麦茶のパックが切れたので、
何かのついでに息子に買って来てもらった。


そしておとといのこと、
夫と某スーパーに行った時、その麦茶が安くなっていた。

すかさず夫が買っておこうと言った。

え~?!Σ(゚д゚;)
まだ開けてばかりなのになぁ・・・・
と思いながらも仕方なくカゴに入れた。


そしてスーパーを一通り見終わった後、
夫がその場所に戻り
「やっぱりもう一袋買っておこう♪」と言ったのだ。

え~?!∑(゚∇゚|||)

思わずどこにしまっておけば良いのか考えてしまった。

麦茶の袋はかさばるのだ・・・・
絶対ムリ。


「お願い。
それだけは止めて。
それを使うのってまだまだ先のことでしょ?
それまでどこにしまっておくの?

いくら安いからと言って・・・

それじゃ、安物買いの場所失いじゃない!」

と咄嗟に口から出てしまった。


あれ?
私、今、もしかして名言言っちゃった?


安物買いの場所失い

うんうん。
全くその通り。
我ながら何て良い言葉を思いついたんだろうw(*゜o゜*)w


お陰で今回は夫も諦めてくれた。

うん、これからはこれで行こう。


安物買いの場所失い∵ゞ(≧ε≦o)


もちろん。
安物買いの銭失いのパクリだけど・・・・ヾ(--;)ワカッテルヨ


ちなみに夫は安物買いの銭失いでもあるのだww コマッタモンダ






外は雪です・・・



PR


久し振りにDVDをレンタルして観ました。



syku1_R.jpg
「食堂かたつむり」2010年2月公開の映画。


柴咲コウさん主演です。






この作品はちょっと変わっていると言うか、
ファンタジーが入っていると言えば良いのか・・・


syku2_R.jpgsyku3_R.jpg










syku6_R.jpgsyku7_R.jpg









こんな感じがシーンが・・・


あらすじ

恋人に家財道具一式を持ち逃げされ、ショックから声を失った倫子は、
故郷に帰って食堂「食堂かたつむり」を開く。

食堂かたつむりの客は一日一組で、倫子のつくる料理を食べた客には次々と奇跡が起き、
願いが叶う食堂との噂になる。

そんなある日、子どもの時から大嫌いだったおかん・ルリコから
癌でルリコの余命が半年であることを聞かされる…。

と言うお話。(ウィキから)


syku10_R.jpgsyku11_R.jpg










syku14_R.jpgsyku15_R.jpg











syku16_R.jpgsyku17_R.jpg












そして何と言っても・・・
syku18_R.jpgsyku20_R.jpg










syku21_R.jpgsyku22_R.jpg










syku24_R.jpgsyku27_R.jpg










映画「セカチュー」の律子
ドラマ「セカチュー」の亜紀パパの共演が見られること!(〃▽〃)



syku25_R.jpgsyku26_R.jpg













syku28_R.jpgsyku29_R.jpg









おかんが死んでから母ルリコの気持ちを知る倫子。
ちょっと切ない・・・


syku30_R.jpg


  「おいしい・・・」




・・・・完・・・・・






柴咲コウさんは現在連続ドラマに出演中ですね。

織田裕二さんとの共演は「県庁の星」(2006年)以来なのかな?
あの映画、おもしろかったです。




このパソコン&ゲーム部屋は兼物置?でもある。

以前積み重なっていた段ボール箱の山は無くなったが←スゴイ?ww
元から6畳も無いこの部屋は本棚などの家具が占めていてとにかく狭い。

先日下の子がもらってきたエレキギター2本も
仕方なくこの部屋に置いてある・・・

他のメインのギター2本はダイニング、スタンドに立てかけている。


北側で、しかもエアコンが取り付けられないこの部屋は
異常に冬は寒く、夏は暑い・・・

ついに耐えきれなくなった夫が、
暮れにデ○ンギのオイルヒーターを購入した。

そのお陰でポカポカ、パソコン生活は快適になった。


だけど狭い部屋の真ん中にオイルヒーターを置いたため、
子供たちはこの部屋でゲームをすることが無くなった・・・


ゲームはダイニングのメインTV。
ちょっと困る・・・


実は夫はその昔、大学生だった時軽音部に入っていた。

担当はベース。
かなり地味ww

でも。
夫が大学生の時って私は幾つ?
私が短大の時夫が大学生って何年前?・・・・の話で
その事(夫の青春時代)に興味はなかったヾ(--;)ぉぃぉぃ


ただその時使っていたベースとフォークギターが今もあるのだ。


ベースは結婚当初夫が友人に頼まれ

ボランティアで施設訪問のバンドに参加して使っていたこともある。

ギターの方は結婚前、
夫が弾いたギターに会わせ私が歌を口ずさんだこともあるww
(今じゃ考えられないけど・・・ww)


そしてその後全く使われなくなったベースとギターは
処分してほしいもの
のベストテンの上位をいつも占めることになった。

こういう形が変わっているものは収納に困るのだ(--メ)
テニスラケットとか・・・

そのうち仕方なく
処分は諦め
部屋の片隅に季節柄使わない家電や荷物と一緒に積み上げてある


前にこの部屋の片づけをよく手伝ってくれた上の子も
「ジャマだよね」・・・なんて言っていたのだが

ギターを始めた今では「捨てないで」・・・・と言う始末( ̄  ̄;)


そんなある日のこと・・・

朝起きたら
夫のベースがダイニングに立てかけてあった・・・

どうやら上の子が家族が寝静まった後、
荷物を一つずつ崩しながら発掘したようだ。

それだけかと思ったらなんとフォークギターまで・・・orz


また部屋中ギターだらけになってしまった・・・


もうこうなると人が暮らしてるって言うよりも
ギターが暮らしている家だ。

だけどあまりにひたむきな息子を見て何も言えない私。


でも行き手を遮るギターたち。

ほんとにジャマ!



夫の使っていたベース(約30年前のもの?)を
わざわざクリーナーやつやだしを買って来て
今日もせっせと磨いている上の子なのだ。







あまり動画が見つかりません・・・



それでも。




(右のMix Podを止めてから再生してください)

予告編とは違った「瞳を閉じて」

これを見て・・・

ここも、ここも、ここも行った~!と思い出のロケ地を辿っています(〃▽〃)





そしてそうこうしているうちにこんな動画も発見。





BGMが今一つですが・・・ヾ(--;)ぉぃぉぃ



そしてもう一つ・・・




ローカルっぽいです。
これは雨平写真館が喫茶店になる前・・・

(これからロケ地巡りされる方の参考になれば・・・ww)


こんなのを観てどっぷり世界に浸っています・・・



実は最近香川を思い出すきっかけになる出来事があって、
それからずっとこんな調子(〃▽〃)




と言うことで。

今年もセカチューは健在ですヾ(--;)ぉぃぉぃ



そろそろドラマのセカチューも観たいな・・・( = =) ☆\(-.-メ)バキッ





去る1月10日は下の子の成人式だった。


昨年、招待状が送られてきた時は行かないと言っていた


けれどいつの間にか友達と約束をして参加することにしたようだ。



「せっかく成人式に出るんだから
オレ、髪の毛もう一回銀に染めよう!」


(;゚∀゚)・・・エッ


銀髪にするには長い道のりがあるww

色を2回か3回抜いてそこで初めて白かグレーを入れられる。


成人式が近づいて来てもやる気配が無いので
もう諦めたのかな?とホッとしていたら間際になって慌ててやり始めた。

それも近所のドラッグストアに売っているようなのでは色が抜けないので
わざわざ遠くまで買いに行っている・・・



あと二日ってところで途中経過の息子の頭は見事な金髪。

「そんな頭で成人式に行くことはお母さんは絶対許さないから!(--メ)」

「大丈夫だよぉ(--メ)」


そして前からYシャツとネクタイやポケットチーフは買っても良いよって言ってあったのに
「良いよ、あるので。」と、言っていた息子。

そのくせ前日になって「ホントに買って良いの?」なんて言い出した。

どうやら買って良いよではなく買った方良いよって言ってもらいたかったみたい・・・


ちょうどその時午後6時。

「今から買いに行きたいから一緒に来て。」
って言われるだろうな、しょうがないなぁ・・・(〃▽〃)と言われるのを待っていたら

「今日、これから彼女とデートだから彼女と買いに行こう♪」

・・・・だってorz

ふ~んだ( ..)φイジイジ



で、当日の朝。
買った袋が置いてあったので中を見たら・・・

高い値札の付いたYシャツ&ポケットチーフが入っていたorz

そのお店には元からそんなに高いものは置いてないはずなのに
わざわざ高いのを買ってくるなんて・・・( = =)


そしてやっと起きて来た息子の頭は銀髪
というかグレーになっていた。

間にあったww


でもこれで成人の自覚はあるんだろうか・・・?


それから成人式に参加し、
息子が帰って来たのは翌日の朝5時。

すごく楽しかったようだ。

小学校、中学はもちろん高校も県立で地元だから
式が終わってからどこかに行く度誰かに会い、話が尽きなかったそうだ。

本人曰く
卒業式の時よりこの日が終わってしまうのがとても寂しく思えたそうだ。


成人の自覚は全然芽生えなかったけど
これはこれで良かったのかな・・・?


しょうがない、学生のうちは諦めよう・・・


だけどこれからはもう未成年じゃないことを忘れないでほしい・・・



ということで?ww

やっと見終わりました。

「この世の果て」と平行に観ていたのだけど
そちらの方はTV録画でキャプチャーは出来ないので途中からこちらを優先。


misinen1_R.jpg


「未成年」1995年10月~


「高校教師」を思い出させるオープニングです。




このドラマの主役いしだ壱成さんの元妻が
谷原章介さんの現奥様だと知っていましたが、
このドラマでお二人が兄弟役を演じてたとは知りませんでした。

この時、まだ谷原章介さんを知らなかったから・・・ww


それに反町隆さんが若いww

慎吾ちゃんもかわいいww


そしてドラマセカチューの亜紀の主治医だった浅野和之さんが
何気に出演してました。



ドラマセカチューの小林明希さんこと桜井幸子さんです。
最終回の回想シーンから。

miseinen2_R.jpgmiseinen3_R.jpg











miseinen5_R.jpgmiseinen7_R.jpg











miseinen8_R.jpg











miseinen9_R.jpgmiseinen10_R.jpg











miseinen11_R.jpgmiseinen13_R.jpg











桜井幸子さん演じるモカは最後死んじゃいました・・・
生きていて欲しかったな・・・(T.T)



ハチャメチャな十代・・・
ありそうで、なさそうで。

観ていておもしろかったです。

自分の子がこうだったらたぶん心配でたまらないけど・・・( ̄  ̄;)


だけど。
銀行強盗の話になってからあんまりおもしろくなくなってしまいました。

何を言いたいかは分かるんだけど・・・


そこまでやらなくても・・・・・みたいな。


はい。
そこまでやるのが野島脚本ですね。



だったらあの作品はどうなの?って思っちゃいますが・・・

あの作品のことはいずれまた・・・ww



因みに「この世の果て」1994年1月~も野島脚本です。

桜井幸子さんは野島脚本に多く出演されています。


「人間・失格」はどうしてももう一度観る気がしなかったので
「未成年」にしました。




Copyright © 2008 かたちないもの・・・ All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS