忍者ブログ
「世界の中心で、愛をさけぶ」をはじめ、 私の好きなものや日々のつぶやき・・・。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
*ururu*
性別:
女性
自己紹介:
はじめまして♪
セカチュー大好き主婦の雑多的、
気まぐれなブログです。(*^^*ゞ

ブログを始めて一年半が過ぎました。
のんびりマイペースに更新しています。

セカチューを好きな方もそうでない方も、よろしくです。(〃▽〃)

☆コメントは過去記事からでも大歓迎です♪


~~気になる俳優さんは~~
桃井かおりサン 田中美佐子サン
桜井幸子サン 常盤貴子サン
深津絵里サン 
豊川悦司サン 竹野内豊サン
金城武サン 藤木直人サン
玉木宏サン 妻夫木聡サン

もちろんその他は
セカチューの俳優さんたちです♪
最新記事
(08/29)
(06/19)
(03/14)
(03/09)
(03/02)
(02/21)
最新コメント
[07/02 *ururu*]
[07/02 *ururu*]
[06/25 奈央]
[06/25 僕の感性]
[03/22 *ururu*]
[03/21 ヤス]
[03/15 *ururu*]
[03/14 ヤス]
忍者ツール
携帯
おさんぽネコ

私はこの世に起きることは
紙一重だなって思えてしまう・・・。


例えば自動車事故。

どんなに気を付けていても
ある日突然加害者になることもある。
もちろん被害者にだって。
どちらにでもなる可能性はあるのだ。


天災で命が助かった時の紙一重。


バカと天才は紙一重?
なんて言葉、あったっけ?( ̄m ̄〃)


つくづくいろんな意味で紙一重だと思うのだ。


子供のケンカ。
ケンカ両成敗のはずなのに
相手がちょっとでもケガをしたらそうならない・・・。

やられた方は正当化ぶる。
自分の子が先に手を出すはずがない。
相手が悪い。

と相手の子供の言い分なんてもう関係ない。

自分の子を信じる親の気持ちも分かるけど、
その相手の子供を信じている親も存在するのだ。

最近そんなことにも気付かない自己中心的な親が増えていると思う。
自分さえよければ・・・みたいな。


私は自分の子に限って・・・とけして思わないようにしてきたし、
だからと言って自分の子だからやる・・・と思っていた訳でもない。

子供というのは本当に何をするか分からないものだ。

そして子供は親には自分の都合の良いことしか話さないのだ。

だからうちの子に限って・・・となる。


我が家の息子たちはそういう時代を過ぎたけど
親としてはまだまだ心配は尽きない。


自分一人の時は身軽で
自分の心配だけしてれば良かったし
何でも気軽に出来たけど。

親になるとどうしても
あれやこれやと気を揉んでしまう。

絶対はない。



世の中の悲しい出来事。
災難。
病気。

けして他人事ではないのだから。
明日、自分にだって何が起きるか分からない。

明日は我が身と考える。


そう考えて・・・。

だから何も起こらなければ
それはとっても幸せなことなんだと。


幸と不幸も紙一重かもしれないと。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © 2008 かたちないもの・・・ All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS