忍者ブログ
「世界の中心で、愛をさけぶ」をはじめ、 私の好きなものや日々のつぶやき・・・。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
*ururu*
性別:
女性
自己紹介:
はじめまして♪
セカチュー大好き主婦の雑多的、
気まぐれなブログです。(*^^*ゞ

ブログを始めて一年半が過ぎました。
のんびりマイペースに更新しています。

セカチューを好きな方もそうでない方も、よろしくです。(〃▽〃)

☆コメントは過去記事からでも大歓迎です♪


~~気になる俳優さんは~~
桃井かおりサン 田中美佐子サン
桜井幸子サン 常盤貴子サン
深津絵里サン 
豊川悦司サン 竹野内豊サン
金城武サン 藤木直人サン
玉木宏サン 妻夫木聡サン

もちろんその他は
セカチューの俳優さんたちです♪
最新記事
最新コメント
[07/02 *ururu*]
[07/02 *ururu*]
[06/25 奈央]
[06/25 僕の感性]
[03/22 *ururu*]
[03/21 ヤス]
[03/15 *ururu*]
[03/14 ヤス]
忍者ツール
携帯
おさんぽネコ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

下の子の帰りが遅く、私が寝た後ご飯を食べる事がよくある。

昨日もそうで、今朝、炊飯器を見ると保温が点いてる。
まだご飯が残っているんだと思って開けてみたら空っぽ(ーー;)
今まで何度注意したことか・・・。
「電気切っておいてよ、それくらい出来ないと結婚出来ないぞ~」と
居ない相手に頭の中で叫んでたら・・・・・・・・・思い出した。


私が中学生だった頃、技家庭というのがあった。
いわゆる技術と家庭科。
その時間になると男子と女子は別れて授業を受ける。

男子は技術だから詳しい内容は知らないけれど
確か木工で折りたたみのイスや棚を作ってた記憶がある。
そして女子は家庭科で、
調理実習はもちろんの事、パジャマや浴衣まで縫った。

それがいつから変わったのか解らないけれど
息子達が中学の頃には
家庭科(正しい名称は忘れた)一本になっていた。

男子だから女子だからと踏み込んだことをすることも無く・・・
それどころか男子も普通に調理実習をやらされ
エプロンやティッシュカバー、クッションカバーなど縫っていた。

(* ̄- ̄)ふ~ん・・・。
そういう時代になったのね・・・。


男女平等が叫ばれるこの時代。

男性がお料理するのも大いにけっこう。
掃除、片付け
どんどんやってください・・・という感じですが。


男女平等も人としての平等はわかるんだけど
間違っちゃうとね・・・。

確かに昔は会社で女性は上にいけない時代もあった。
今はそんなことも無くなってきたし。

だけど所詮男と女では身体の作りが違います。

夫の職場では怖い人に会わなくちゃならない時
担当が女性だったら男性に行かせるし
職場の引越しがあったときは男性陣だけ借り出される。

結局、
男女平等を唱えながらも女性はいつの間にか守られてる・・・
やっぱり女性の方が得してる気がする。


小学生時代、
男の子に比べれば女の子の方が精神的に上だから
体力的には対等でも女の子の方が強かった。

だけどもしケンカになった時、男の子が女の子に手を出した
・・・となったら「サイテー」とかボロボロに言われる。
だから息子達にはどんなに頭にきても
絶対女の子に手を上げちゃいけないと教えてた(ーー;)

中学時代もまた似たようなもので女の子には怖くて頭が上がらない。

高校になると女子は男子が手を上げないことを承知だから
言いたい放題。

「女子ってホント、コエーよ」と息子。
「ホント、ムカつく。一度殴ってやりたい!」って事もしばしば。
「まぁまぁ、抑えて抑えて」と私。

こんな家の子達でも力はけっこうあります。
だけどどんなに力があっても
男子にはそれを見せる機会が殆ど無い。


そして結婚。
やっぱり奥さんのお尻に敷かれちゃうのです。
(エッ、私のこと?)

そんなこんなで男性は一生女性に頭が上がらない・・・。

あ~、なんか男って苦労してるなぁ。


だから陰ながらエールを贈ろう♪

ガンバレ、男達!!


私は男らしいとか女らしいって好きなんだけどな・・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © 2008 かたちないもの・・・ All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS